スタディサプリTOEICの使い方をTOEIC925点が徹底解説!

スタディサプリTOEICの使い方

短期間でのスコアアップ続出で話題になっているのが、スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コース(以降、スタディサプリTOEIC)です。

会員も急増していて、各AppStoreの語学カテゴリの中でも上位にランクインしています。
通勤中の電車の中でも、スタディサプリTOEICで学習している人を見かけることが多くなりました。
今後のTOEIC対策ツールのスタンダードになり得る存在とも評されています。

帰国子女というバックボーンがある私ですが、TOEICは900点台を所持しています。
その為、スタディサプリTOEICに関して同僚や友達から尋ねられる機会がチラホラあります。
割と多いので、スタディサプリTOEICの使い方やレビューを中心としたブログを作成してみることにしました。
これからスタディサプリTOEICを始める方は、お時間がありましたら読んでみて下さい。

スタディサプリTOEICについて

使い方の前にスタディサプリTOEICについて、軽く説明を書いておきます。
サービスの名前が変更されたり、中身も複数あったりとスタディサプリは結構複雑だからです。

スタディサプリというのは、インターネットの予備校みたいなものです。
インターネットを使って学習できるサービスで、従来の通信教育とは若干異なります。
登場した背景としては、教育格差問題があったからです。
親の年収によって学習機会が左右されている問題があり、経済的負担を抑えられる方法として登場し、現在のスタディサプリに至ります。

スタディサプリTOEICは、正式にはスタディサプリENGLISHです。
その中にTOEIC対策コースというのがあり、それをスタディサプリTOEICとしています。
スタディサプリは大学受験生までを対象としたもので、英語だけにファクターと置いているのがスタディサプリENGLISHです。
TOEIC対策以外にも日常英会話を学べるコースがあります。
スタディサプリTOEICの会員は、この日常英会話の方も追加料金なしで利用することができます。

スタディサプリTOEICのコンテンツ

次にスタディサプリTOEICのコンテンツです。
どの様な内容になっているのかと言われると、端的に言えば全部出来ます。
TOEIC対策がスタディサプリTOEICだけで完結出来ます。
大きく分けて4種類のコンテンツで構成されているサービスです。

TEPPAN英単語

TOEICを受験する際に必要な英単語を学習するコンテンツです。
冒頭のガイダンス内で、利用する際のコツがレクチャーされています。
詳しくはそちらを視聴すれば良いのですが、要するに繰り返しが大事です。
6回触れると覚えるそうなので、最低でも6回は繰り返す必要があります。
1回10個の単語でサクサク覚えることが出来ますから、6回繰り返すのも難しくないです。

表示された英単語を、4つの選択肢から意味を選んでいきます。
選択肢の位置はランダムで変更されますし、回答までに制限時間が設けられています。
したがって、正確に意味を覚えていないと正解することが出来ない作りになっています。

パーフェクト講義【英文法】

TOEICを受験するのに必要な、英文法の知識を学べるコンテンツです。
座学、講義が中心ですが、きちんと理解できたかどうか問題も用意されています。

講義が苦手な方もいるかと思いますが、担当の方は予備校経験があるプロです。
1回の講義も短い時間に整えられていますし、説明も上手いので学校の授業、講義とはレベルが違います。
途中で停止するポーズ機能、或いは時間が無いときなどに便利な倍速機能も搭載されています。
このコンテンツをきちんとやり遂げれば、TOEICの英文法は完璧だと思います。

パーフェクト講義

TOEICも結局試験ですから、ある種のテクニックやコツがあります。
センター試験でもテクニックがあるのと同じです。
パーフェクト講義は、TOEICの各パートに対する学習方法やテクニックを学ぶことが出来ます。

私的な良いと思える点が、リスニングの部分ですね。
スタディサプリTOEICのリスニングには、シャドーイングとディクテーションというモノが導入されています。
学習メソッドの名称なのですが、どちらもリスニング力の強化に良いと言われている有名な方法です。
最初は面倒に感じるかもしれませんが、慣れてくれば苦じゃなくなります。
それに着実にリスニング力がアップするので、頑張ってやってみてください。

実践問題集

実践問題集というのは、本番の試験と同じ形式の問題集です。
公式問題集の様なものだと思っておけば良いと思います。
なので、内容は説明不要だと思います。

本試験同様に取り組みたい方のために、テキストも発売されています。
マークシートなども付いているようなので、興味があれば購入すれば良いです。
料金も公式問題集と比べれば安いです。

それよりも素晴らしいのが、毎月この実践問題集は新しい問題集が追加される点です。
こういう問題演習は量が重要ですから、新しい問題に取り組めるのは大きいと思います。
同じ問題だと答えを覚えてしまいますけれども、そういうことも予防できます。

スタディサプリTOEICの使い方

コンテンツをご紹介したところで、スタディサプリTOEICの使い方です。
あくまでも私的な方法ですから、使い方は各自アレンジすればよいです。
大事なことはとにかく勉強すること、これに尽きます。
勉強時間に比例しますから、とにかくスタディサプリTOEICで勉強を進めていければそれで問題ありません。

スタディサプリTOEICの使い方ですが、3つに分かれます。

英単語は毎日こまめに

英単語、スタディサプリTOEICの場合はTEPPAN英単語ですが、これは毎日こまめにやることです。
とにかく毎日空いた時間に単語を覚えるようにしましょう。
ガイダンス内で解説がありますが、毎回適当で良いです。
とにかく単語に触れて意味を何となくみていくことで、徐々に覚えるからです。

目標スコア毎に英単語も分かれていますが、ハイスコアの英単語は相当難しいです。
ところが、本当に反復していく中で覚えられるようになるのです。
スマホで学習できますから1日1回は英単語に触れるようにしましょう。
何万人もの生徒に指導してきた実績から導いた学習法だけに流石だなと思います。

目標スコアまでの英単語で十分です。
余力があれば1つ上のスコアまで学習すればよいでしょう。
繰り返し学習できないならば無駄なのでやらないほうが良いです。

講義は着実に消化

講義については、1日1回20分位の時間を設けて着実に消化していきましょう。
1日1時間なら厳しいでしょうけれども、1回20分くらいの時間ならばどんな人だって捻出する時間はあるはずです。
極端に言えば、寝る前にベッドでゴロゴロした状態で観てもOKです。
ポーズ、倍速できますが、それでもある程度まとまった時間にやるほうが良いでしょう。
これが無理なら正直に言ってTOEICの勉強自体が厳しいと思います。

何よりリスニングに関しては、ディクテーションやシャドーイングを飛ばさずにやることが大事です。
億劫、面倒に最初は思いますけれどそれは初めて、未経験で不慣れだからです。
やれば慣れてきますし、進める中で聞き取れるようになってきていることが実感できるようになるはずですよ。

実践問題集で仕上げ

目標としているスコア迄の英単語を最低6回繰り返し、文法編も含んだパーフェクト講義もすべて終わったら、実践問題集の出番です。
週末でまとまった時間を確保できる時に、1度全て取り組んでみましょう。

スタディサプリTOEICの実践問題集は、毎月新しい物が追加されます。
ですから、数回分は惜しむことなく挑戦するのが良いです。
これに関して重要なのが、間違えた箇所は必ず解説を見て学ぶことです。
不正解を正解に出来るようにする、これを繰り返すのが実践問題集を使う上で重要なことです。
苦手なパートが分かったら、パーフェクト講義に戻ってそこだけ再学習も良いでしょう。

もう1つ大事なのが、最後の総仕上げも残っていることです。
スタディサプリTOEICでTOEIC対策は完結しますが、本試験直前にやるべきことが1つだけあります。
それについては次の項目からレクチャーを行います。

スタディサプリTOEIC以外の必須アイテム

スタディサプリTOEICがあれば、TOEICの勉強の大半が可能です。
完結すると言っても良いのですが、このブログではもう1つ必須アイテムをご紹介します。
何が何でもとまではいわないですけれども、スコアアップを狙っている方は購入しておくべきものです。

その必須アイテムは、TOEICの公式問題集のことを言います。
本番と同様のプロセスで作成されている問題で、何冊か販売されています。
今後も新刊が登場すると思いますけれども、選ぶ時には一番新しいものを選ぶようにして下さい。
新しい方が比較的問題の難易度等が近いと言われているからです。

スタディサプリTOEICに実践問題集というコンテンツがありますが、どうして公式問題集が必要なのかについて説明します。
理由は2つありまして、紙媒体なので本番に近い状態で練習ができるということと、リスニングの質の高さにあります。

スタディサプリTOEICはスマホかパソコンで学習するので、本番とは異なります。
テキストも販売されていますけど、それを買う位なら公式問題集を購入するほうが良いです。
というのも、リスニングの質が公式問題集の方が優れていると思うからです。
公式問題集の音声は、本番のリスニングを担当する公式スピーカーと呼ばれる方が担当しています。
本番も同一人物とは限りませんが、トレーニングを受けているので読む速度やボリュームなどは殆ど近いはずです。

注意点としては、直前ではなく2,3週間前に取り組むべきということですね。
復習して苦手ジャンルがあればスタディサプリTOEICで見直す必要があるからです。
1週間前などの直前の場合、復習が追い付かない可能性があります。

・スタディサプリTOEICの単語を毎日覚える
・英文法が苦手ならパーフェクト講義英文法編を優先的に取り組む
・パーフェクト講義で各パートの対策を進める
・一通り学習が終わったら実践問題集で練習
・本番数週間前にTOEIC公式問題集で予行演習
・間違えた箇所、苦手な箇所をスタディサプリTOEICで重点的に再学習
という流れになります。

最後に

スタディサプリTOEICの使い方をご紹介しましたが、どうでしょうか。
これ1つで対策が完結できる、本当に優れたサービスです。
効果に関してもきちんと全てのコンテンツを使い倒せば、一気にスコアを伸ばすことが可能です。
実際多くの方が数ヶ月でスコアアップを果たしています。

月額3,000円弱というサービスですが、一生使う訳じゃないです。
半年前後、長くても1年は使わないはずです。
真剣に取り組めば、1年以内に絶対に学習が終わりますから。
スコアアップを果たしやすいサービスということも考えると、コストパフォーマンスは相当良いですよ。

しかしながら、デジタルな学習法ということもありますので相性もあると思います。
もし興味をお持ちならば、一度体験してみるのが良いでしょう。
更に言いますと、キャンペーン中なら更にお得に始めることが出来ます。
スタディサプリTOEICのキャンペーン情報ですが、別ブログで詳しくご案内中です。
詳細に興味がありましたら、スタディサプリ キャンペーンコードをご覧下さい。

現在実施中のスタディサプリTOEICのキャンペーン、キャンペーンコードが掲載されています。
利用する際の注意点や登録方法も書いてあるので、参考になるはずです。